税理士との良い関係

税理士とは納税を助ける仕事です。ですから、企業とも密接に関係するのです。企業にとって税金は欠かせないものですから、税理士は企業の経営サポートも仕事の一部です。つまり、会社の売り上げや経費を税理士に知らせ、経営計画のアドバイスをもらったりします。節税対策を教わる、無駄な経費について指摘してもらうなど、会社の全てを知り尽くすような存在でもあります。経営者との揺るがない信頼関係なしでは、出来ない仕事でしょう。

では、どのようにしたら税理士と良い関係を持つことができるのでしょうか。通常、税理士は企業と顧問契約を結び、月に1回程度、来社して税務処理や経営に対するアドバイスを行います。この時が税理士と良い関係を築くチャンスともいえるでしょう。何と言っても人間同士ですし、会社の全てを託している相手ですから、信頼の情は必要ですが、余りわざとらしい振る舞いは相手に嫌な気持ちを抱かせかねないので、普通に自然体で常に感謝を述べましょう。

そして、不明な点等は質問して、相手の知識を頂きましょう。この時にわかったふりは禁物で納得がいくまで、丁寧に聞くことも大事です。但し、相手の出方にもよりますので、(その点は経営者の腕の見せ所です。)うまくやりましょう。そして、時にはランチ、飲み会などで親交をある程度深めることも大事です。人間同士としての信頼関係が会社経営にも関わります。特に設立したばかりの会社の場合は、慎重に税理士との良い関係を持つようにしましょう。税理士次第で会社は変わります。コミュニケーション能力を十分に発揮して、会社の成長に貢献しましょう。

税金について学ぶには

会社を設立となると、税金について学んだ方が良いでしょう。では、どのようにして学べば良いでしょうか。ここで、学び方について考えてみましょう。

経営者は忙しいですし、お金も掛かりますので、今更学校に入って、学ぶと言うのは難しいでしょう。お金の掛からないものとして、国税庁のホームページがあります。子供向けですが、「税の学習コーナー」というページがありますので、ご覧になって見て下さい。分かりやすく簡潔に書いてありますので、基礎知識として学べるでしょう。入門から実践にレベルアップしているのも、なかなか優れもので、たかが子供用と侮れないところです。

このような知識を得た上で税理士と関わり、会社に必要な税金について、教えてもらいましょう。節税対策等、税理士は豊富な知識を持っていますので、基礎をご自身なりに学んだ上でしたら、よりわかりやすいでしょう。税理士としても、ある程度の勉強をした経営者とならば、やりやすいと感じてくれるはずです。このようにして、人間同士としても評価し合える関係が保てれば、会社経営は税理士の手助けの元、うまくいくでしょう。やはり、新しい知識を入れるには「学び」という努力が必要です。お時間を見つけて学んでみましょう。

税理士に教わること

税理士でしかわからない税金の問題というものがあります。特に法人税や事業税は税率や各種控除など毎年様々な改正が入りますので、常に新しい情報を会社として握っていなければなりません。税改正に後れを取ってしまったら、経営にも影響が及びかねないのです。そうなると、従業員にも迷惑を掛けてしまう可能性がありますので、経営者としては避けなければならないことです。

しかし、現実問題、会社経営となると、会社の事業自体で手一杯ということもあり得ます。特に設立時はありとあらゆることで、経営者は手一杯でしょう。そんな時に税金問題を助けてくれるのが税理士という存在なのです。税理士は税のプロですから、税金に関する疑問を解決してくれます。税理士に税の知識を教わりましょう。そのために、税理士事務所と懇意になる必要があります。昔からのお知り合いなど、信頼できる税理士がいればよいでしょうが、そのような人がいない場合はご自身で探さなければいけません。

ネット検索で会社設立をサポートしてくれる会計事務所を探してみましょう。そしてネットのみでなく、実際に会って話し合いをすることが大事です。顧問料の問題やら、お金に関わることはもちろん、人間同士としての相性も考える必要があるからです。(相性が合わなければ、気軽に質問が出来ないようになってしまいます。)このようにして、良い税理士を探し、税金問題についてわかりやすく教えてもらいましょう。税の知識は経営者にとって必要です。

税理士が頼りの会社経営

会社設立をお考えの皆様、すでに設立させたばかりという皆様がまず、直面するであろう問題の一つとして、税金があります。身近にあるにも関わらず、理解しにくいというのが税金です。特に会社設立ともなると厄介な問題となってくることでしょう。そのような時に手助けしてくれる存在として、税のエキスパートである税理士という存在があります。当サイトは、特に会社設立の際の皆様のお悩み解決の手助けが出来ますよう、税理士の仕事内容に触れながら、税理士が頼りの会社経営、税理士に教わること、税金について学ぶにはどうすればよいか、税理士との良い関係について、ご説明いたしますので、ご参考になさってください。

会社には税金が掛かります。ここに、株式会社で支払う主な税金を挙げます。随時、支払うものとして印紙税(領収書、契約書を作成の際に貼りつける収入印紙で税金を納めます。)、源泉所得税(従業員に給与を支払うときに給与から差し引く税金です。)があります。そして、決算月に支払う税金ですが、儲けに対して「国に対する法人税、消費税」、「地方に対する住民税、事業税」が挙げられます。

これらに関しては、税金の知識豊富な税理士に頼ることで、払い忘れを防いだり、新しい知識を入れてもらったりできます。特に会社設立ともなれば、税金に関しては不安でいっぱいになる可能性もありますので、税理士とは切っても切れぬ関係と言っても過言ではないのです。相性の良い税理士がアドバイサーとして経営者の傍にいてくれると助かること間違いなしです。会社経営の頼りは税理士です。