税理士が頼りの会社経営

会社設立をお考えの皆様、すでに設立させたばかりという皆様がまず、直面するであろう問題の一つとして、税金があります。身近にあるにも関わらず、理解しにくいというのが税金です。特に会社設立ともなると厄介な問題となってくることでしょう。そのような時に手助けしてくれる存在として、税のエキスパートである税理士という存在があります。当サイトは、特に会社設立の際の皆様のお悩み解決の手助けが出来ますよう、税理士の仕事内容に触れながら、税理士が頼りの会社経営、税理士に教わること、税金について学ぶにはどうすればよいか、税理士との良い関係について、ご説明いたしますので、ご参考になさってください。

会社には税金が掛かります。ここに、株式会社で支払う主な税金を挙げます。随時、支払うものとして印紙税(領収書、契約書を作成の際に貼りつける収入印紙で税金を納めます。)、源泉所得税(従業員に給与を支払うときに給与から差し引く税金です。)があります。そして、決算月に支払う税金ですが、儲けに対して「国に対する法人税、消費税」、「地方に対する住民税、事業税」が挙げられます。

これらに関しては、税金の知識豊富な税理士に頼ることで、払い忘れを防いだり、新しい知識を入れてもらったりできます。特に会社設立ともなれば、税金に関しては不安でいっぱいになる可能性もありますので、税理士とは切っても切れぬ関係と言っても過言ではないのです。相性の良い税理士がアドバイサーとして経営者の傍にいてくれると助かること間違いなしです。会社経営の頼りは税理士です。

運営者