税理士に教わること

税理士でしかわからない税金の問題というものがあります。特に法人税や事業税は税率や各種控除など毎年様々な改正が入りますので、常に新しい情報を会社として握っていなければなりません。税改正に後れを取ってしまったら、経営にも影響が及びかねないのです。そうなると、従業員にも迷惑を掛けてしまう可能性がありますので、経営者としては避けなければならないことです。

しかし、現実問題、会社経営となると、会社の事業自体で手一杯ということもあり得ます。特に設立時はありとあらゆることで、経営者は手一杯でしょう。そんな時に税金問題を助けてくれるのが税理士という存在なのです。税理士は税のプロですから、税金に関する疑問を解決してくれます。税理士に税の知識を教わりましょう。そのために、税理士事務所と懇意になる必要があります。昔からのお知り合いなど、信頼できる税理士がいればよいでしょうが、そのような人がいない場合はご自身で探さなければいけません。

ネット検索で会社設立をサポートしてくれる会計事務所を探してみましょう。そしてネットのみでなく、実際に会って話し合いをすることが大事です。顧問料の問題やら、お金に関わることはもちろん、人間同士としての相性も考える必要があるからです。(相性が合わなければ、気軽に質問が出来ないようになってしまいます。)このようにして、良い税理士を探し、税金問題についてわかりやすく教えてもらいましょう。税の知識は経営者にとって必要です。

運営者